All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'08.24 (Fri)

ついに・・・

二晩続いて息子の部屋は
空っぽだった。

心当たりに連絡を入れるも、
どこでどうしているのか、確かな情報はない。


「今夜も帰らなかったら明日は考えよう」

と家族で話し合って、眠れない夜はふけていった。



朝5時。

家の電話がけたたましくなった。

「酔っ払って、路上で寝ていたところを
 保護してます。」

警察からだった。


ついに、ここまできたか・・・




いつも免許更新でごった返している警察署は
ひっそりと建っていた。

ドアの向こうに、背中を丸めてソファーに座る
息子が見えた。
若い警察官が二人、迎えてくれた。


聞けば、家のすぐ裏の24時間営業の店のわきで
酩酊状態だったそうだ。



そんな近くにいたの・・・



保護した時、所持品は何もなく、
自転車もどこへ置いたかわからないと言っていたらしい。


でも、とりあえず駅の近くを探して帰ると、
カギもかかっていない自転車は、ポツリと置いてあった。


だけど、

購入したと言うバッグも
その中身の洋服も財布も、
福沢諭吉さんたちも


みんな消えていた。



警察に迎えに行く時、
息子と再会した後

「なんて言おう!?」


いーっぱい想像してみたが
結局大したことは言えなかった。


そして、間もなく息子は眠りにつき
私は仕事へ・・・



つづく。
21:57  |  反抗期真っ只中  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。