All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'06.11 (Mon)

逃走と闘争

晴れやかな気分で会社についた、6/7のこと。

仕事中に学校からの着信が・・・
担任のI先生だった。


「やっと学校に来たので、
 今日こそは放課後に3者面談したいと思います。」



約束の6:30に学校へ行くと、職員室前に
学年主任の先生を始め、何人かが立っていて


「お母さん、実はついさっき
 逃げられちゃったんです。」


まさか、学校だから確保してくれてると思ったのに・・・



家に電話してみると、ばーちゃんが出て、

「K王は部屋にいる。
 でも、先生が降りてくるように説得してるけど
 降りてこないみたい。」


結局、先生が部屋まで上がって
引きずりだし学校まで連れ帰ってきた。



応接室に入るなり、ソファに足を広げて座り
いかにもふてくされて、面倒くさそうな態度。



「学校にはそんな顔では来ないじゃないか。
 そういう顔が見たかったんだよ。
 何をしていたのか、話してくれないか。」


学校を休んで朝帰りした火曜日からの一連の行動を聞かれ


「わかりません。」

と、ふざけた回答をしたK王に、



「お前、大人をなめんじゃねーぞ。
 お前のためにどんだけの人が探したり
 心配してると思ってんだ。
 ふざけんのもいい加減にしろ!」



校舎中に響くような怒鳴り声だった。


それから、これはヤバイと思ったのか
ぼそぼそと話し始めたK王。


先生は、何が原因か、どんなことを思っているのかを
尋問しながら、それについて諭したり
時には同調しながら、話を進めていた。


最後に
・学校へは来なければならないこと。
・家出はしてはいけないこと。

を確認させ、続いて、今度は部活の先生も入ってきた。


3年生最後の試合まで後1週間。
真剣にやるのかやらないのかをとわれ、


「明日からちゃんと行きます。」と約束。


その頃にはもう9時になろうとしていた。


どんだけの人の時間と労力を奪っているんだろう。
そう思ったら、泣けてきた。

職員室に移動して、朝から家出してしまった日
車でK王を探してくれたという先生方に
お詫びして回った。

「ご迷惑をおかけしまして、
 本当にすみません。」




頭を下げて回る息子と、涙にくれる私の姿が
3年B組金八先生と重なった。





20:46  |  K王は中坊  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。