All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'06.09 (Sat)

曇りのち晴れ。

6/6(水)4:30朝帰りをした中学3年生のK王。

適当な時間に起きて、きっとまた外出するのだろう。
そう思っていたが、
珍しく私の帰宅時にはスエットのままテレビを見ていた。



母に聞くと

「4:30に起きてきて、
 『朝の4:30? 夕方の4:30?』って聞いてきた。
 さっき起きてきてそれからは家にずっといたよ。」


さすがに懲りたのか!?

と思ったが

甘かった。




翌朝6/7(木)「時間だよ。」と起こすと


「なんの?」
「どこいくんだよ」


学校なんて行く気がないといった返事。



6月もまだ一週間しか経ってないってのに
カレンダーに三つ目の×がついた。



すると、8時。

ピンポンが鳴って、みると、
制服を着た川向こうのMくん。


迎えに来てくれた!!
なんていいやつなんだ。
Mくん、ありがとう。



私が言ってもてこでも動かないくせに、
Mくんが来た途端にK王は10分で支度を終えた。

二人を車に乗せて、登校時間までには
無事に送り届けることができた。



朝の景色が輝いて見えた。





つづく。
14:01  |  K王は中坊  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。