All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.19 (Sat)

2016親子イタリア旅行 番外編

17年ぶりにイタリアに戻って変わっていたこと。

①トイレ
以前はチップ制だったのに、完全有料化してた。
公共のトイレは相場はいろいろだが、
大体1ユーロ(約130円)

もちろん、レストランやSAのトイレは無料だが
ベネチアの水上タクシー乗り場近くにあった公衆トイレは
入口でコインを入れ、鉄のバーを押して入る。

有料だからきれいかといっても普通のトイレ。
いやむしろ、音姫どころか便座はないし
日本のトイレ以下・・・

K王が、トイレに関しては

「ウォシュレットはないし、トイレットペーパー硬いし
 ケツいてーーー泣」

と嘆いていた。


うん。日本のトイレって天国だよね。


②Wi-Fi
念のため成田で海外で使えるWi-Fiを借りたが
2人で250メガ制限があり、オーバーすると止まる。
(1日500円の最安プランのため)

ラインやホームページ閲覧くらいなら問題なくても
画像や動画を見たらすぐアウト!

その為、ホテルWi-Fiを借りるのだが
1部屋1晩5ユーロのホテルもあれば
端末1台10ユーロ、つまり1300円。高・・・

息子のツイッターの為にそんなん払えません!

なので、レストランは無料Wi-Fiが使えるところを選んだり
イタリアの高速上は結構無料Wi-Fiがつながったりするので
その時は私も遠慮なく使わせてもらいましたよ。ハイ。


③セキュリティー
とにかく町中に迷彩服姿をした
若くてイケメンな軍のお兄さんがたくさん。
大きな機関銃を片手に警備している。

テロ対策がバッチリ!

どの美術館も有名な建物もみーーーんな
以前は無かったゲート&身体検査。

いい加減王国イタリア、意外とやるじゃん笑


④観光税
これも以前はなかった税金が観光客に課せられている。
まず、観光バスにかけられる入都市税?
主要都市に入る時、運転手と添乗員がバスを降りて支払う。

ホテルの宿泊税
チェックアウト時宿泊料金のほかに取られるそうで
添乗員が最終日に現金で徴収する。
領収書がないので、本当にその金額だったか定かではないが
一人一泊1~6ユーロ。6泊したので結構な金額になる。


⑤バスチェック

ミラノ観光中に、こんなことがあった。

2016031901.jpg
バスの前に突然現れた2台の白バイ。

とめられたー。

え?交通違反?
捕まったのか?


2016031902.jpg
お巡りさん、バスに乗ってきたー。

そして、運転手のマウロさん書類を提出。


これ、バスの運行チェックを抜き打ちでされるそう。

バス会社は記録の携行を義務付けられていて
無理な運行をしていないか確認をされる。

日本でもバスの事故が起きていろいろ問題になったが
ツアー中は、
「運転手の勤務時間に触れないようにこうします」
的な説明が何度もあり、
日本よりむしろ徹底されている気がした。


いい加減王国の名前撤廃か?イタリア 笑


⑥ジプシー
添乗員時代はイタリア全土にこのジプシーがいて
片手に持つ新聞紙や赤ちゃんに気をとられている間に
バッグからお財布を抜かれる観光客がたくさんいた。

何事も経験だからと思っていたが、ジプシーどころか
夜歩きしても、地下鉄に乗っても
一度も怖い目危ない目にはあわなかった。

あ、ミラノではミサンガ勝手に巻き付け野郎とか
ベネチアではバラ売りつけ野郎とか
ローマでは幸運の仏像タダだから上げる野郎とかいたが

カモになることはなかったな。

K王にも
「ノーグラッツィエ。いらない!ってはっきり言いな」
と教えてあげたから。


生活の場としてでなく、観光でいくイタリアって
本当にいいわ~

つづく。
11:24  |  人生とは旅である  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。