All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.12 (Sat)

2016親子イタリア旅行⑨

ミラノやベネチアを観光していた頃、

いや、正確に言うと

モスクワからミラノへ向かう乗り継ぎ便の時から
謎の腹痛に襲われていた。

それに加えて、ゴンドラに乗った後は、
疲れも重なってか、地上に戻ってるのに「ゆ~らゆら」

目まいが襲ってきた。

しかしここはまだベネチア。
ドリンク剤3本入りの頼りのスーツケースは
フィレンツェに行かないと会えない。泣


そして、K王用の下着は買ったが
自分のを探す暇がなく、お着換え下着が

ない。泣

ゴンドラに揺られるような感覚の中
ちっこいシンクと石鹸でゴシゴシして干して

裸でベッドイン。わ~お笑

いや、夏ならまだしも、冬はスースーするって!

2016031201.jpg
迷彩パンツの下にはいてたジャージで寝るK王、足落ちてる。


翌朝、朝食レストランで添乗員さんに体調を聞かれ
ちらっと現状を伝えると


「えーーーこれで3人目です。

 お腹壊しているのは。いつからですか?」

「モスクワ~ミラノ便からすでに・・・」


モスクワ到着前にで出た2回目の機内食には

サラダの中にうすっぺらいサーモンと
ムール貝が6,7個入っていたので
自分のはもちろん、K王が残したムール貝も食べた。


それから約5日間。

普段は頑固で有名な便秘症の私、
お腹の中で何かが猛スピードで駆け抜けていた。


私はかろうじて食事はしていたが、
私以外の二人は食事全パス。
うち一人の女子に至っては、ホテルに医者を呼ぶ程の重症。

もしかしてこれ、当たっちゃった感じ?


添乗員をしていたけれど、
ロスバゲしてもせいぜい翌日には出てきてたから、
荷物が3日も手元になかった経験も
機内食でお腹を壊したのも経験も初めてだった。

つづく。
10:13  |  人生とは旅である  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。