All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016'02.29 (Mon)

2016親子イタリア旅行②

モスクワにつくとバスに乗ってターミナルへ
そこからまた歩き、いや走りでゲートまで移動するのだが

25年以上前の添乗員時代に経験した、あの薄暗くて何もない
モスクワのシェレメチボ国際空港の変貌を確認する暇もなく
ゲートまで駆けつけることになった。


ミラノ便は・・・


いたーーーー。

よかった。ミラノに行ける。


私の添乗経験では、ミラノ→ロンドン乗り継ぎ便で
濃霧で遅延したフライトのせいでロンドン発成田行きに乗れず
急きょイギリスに入国してロンドンで延泊したことがある。

あの時はアリタリアからANAに乗り換えだったが
今回は乗り継ぎ便が同じ航空会社だったのが
出発時間を過ぎても待っていた大きな要因だろう。


それにしても、モスクワまで普通に行けば約10時間
引き返して待機して、その間ネットなしヤニ切れのK王
イライラは頂点を達していた。

更に、モスクワから更に3時間のフライトを経て
ミラノに到着したのは、現地時間の11時半。
8時間の時差がある東京時間では朝の7時半になっていた。


荷物のターンテーブルはガラーン。

予想通り私たちの荷物はロスバゲ。出てこなかった。


ヤニ切れのK王は、先に外に出たいと言うので
出たところで待つように言って
私は荷物の紛失手続きへ。


フリーの乗客が7,8人と私たちツアーが23人。
その荷物の紛失手続きには、たった一人の係員。

一人ずつ日本の住所・名前・電話番号・メールアドレス
スーツケースの色形を質問形式でパソコンに入力する。
最後にスーツケースの鍵を渡す。
疲労困憊だったが、久々イタリア語で応答して一人感激。


いや、それにしてもこれ何時間かかるの?


全員の手続きを待つ添乗員に
「息子が先に出たので出国ロビーへ行きたい」と伝えると

「外にイタリア人女性スタッフが待ってるので
 茶色の封筒を預かってほしい。」


はいはい。お安い御用。


出国ロビーに行くと、K王は、
イタリア人二人に囲まれていた。

「おせーよ。オレ大変だったんだから・・・」


え?なになに?
私がいない間に一体何があったの?


2016022802.jpg
疲れた眠いネットなしヤニ切れの4重苦生活から
復活したK王いつになくご機嫌のピースサイン。


つづく
21:41  |  人生とは旅である  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。