All archives    Admin

05月≪ 2016年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.25 (Sat)

ゆったり流れる時間

先週金曜日にストレス発散に出かけた旅の二日目は
エプソンアクアミュージアムへ行った。

2016061906.jpg
ニョロニョロ

2016062502.jpg
クラゲ

2016062501.jpg
マンタ

2016061903.jpg
ウミガメさん


ゆーったり泳ぐ姿を見てると癒されます。


そして、ミニアシカショー

2016061907.jpg


イルカのショーは2回も見ちゃった!

2016061904.jpg


2016061905.jpg

ショーの前に、拍手&振付の練習。

途中のアナウンスでは、
「前から4列目まではがっつり濡れます」って言われ
同じ列の両脇みんなレインコートを頭からかぶっていたが


あえて無防備で挑む!笑


1回目で気づいたのが、大体同じ席が集中攻撃を受ける。
イルカとお友達になりたい人はそこを狙っていこう。

濡れたくないけど前で見たい人は、
よく見ると4列目でも床が乾いてるところがある。
ステージ向かって左側の床が濡れていない4列目を狙おう。


ショーは、鴨川シーワールドとは違い、
イルカとクジラが近くに感じるし、ジャンプや水かけで盛り上がる。


とっても楽しいひと時だった。

年パス買っちゃおうかな~♪
スポンサーサイト
10:21  |  ら。りんの事件  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.19 (Sun)

テーマ曲五木ひろし

忙しくてハードな一週間が終わった。

転職して1ヶ月を超えた日、こういわれた。
「じゃ、今日から自分でやることをリストアップしてください。」

リストアップって?

「優先順位を考えてやらないと、期限が過ぎて
 販売店から電話がじゃんじゃんなるし、
 後始末をするのに余計大変なことになるので気を付けて。」

とか。

システムや仕組みが複雑でチンプンカンプンな上、
仕事の内容が多すぎて、自分で作ったマニュアル厚さ3cm。
内容を分けて貼り付けた見出しシールは20くらいある。

すでに一人立ちスタート状態で、
だんだん責任の重い仕事を任されるようになり

どうやら月金は帰れそうもない!?


(いやいや、帰る。帰りたい・・・泣)←心の叫び



ストレスと疲れがたまってきた。
そんなこんなの金曜日の夜。


家路とは反対方向の電車に乗り


2016061901.jpg
やってきました。横浜。

部屋からの眺めがステキ過ぎてため息が出る。


2016061902.jpg
朝は、船の往来、カヌー、人々が歩く姿
羽田に離発着する飛行機をボーっと眺めるだけでも楽しい。


「よこはま、サイコー♪♪」


朝食もこの景色を臨むレストランで頂き、
お昼までお部屋でゆっくり過ごした後、
午後からは京浜東北で一本、品川へ向かった。


つづく。

10:09  |  ら。りんの事件  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.11 (Sat)

優しいメロディー

テレビで死者の気持ちを代弁できる外国人が
日本の若い女性の要望に応え
亡くしたお父さんの気持ちを伝えるという番組を見た。

家族しか知らないことを次々と当てていく。

すると彼女は

「風鈴が鳴らなくなっているって言ってるわ。」


その話に、お母さんがハッとした後、笑顔になって

「お父さんが買ってきた風鈴があります。
 早速つけなおします。」

という1シーンがあった。


そういえば我が家にも・・・


ある日「あれ?なんか変だな~」と気づき、
いつも聞こえる優しいメロディーが聞こえなくなり
ついには止まってしまった玄関の置時計。

あー。きっとお父さんお母さんも気にしてるな。


ってことで、早速単三電池を買ってきて
新しいものに交換した。

2016061101.jpg
息を吹き返したように電波に反応して動き出す針。


優しいメロディーが聞こえてきたら

「やれやれ。やっと電池代えたね。
 時計が止まったら早く交換しなさいな。」

そう言っているようだった。

以来、

朝は「おはよう。いってらっしゃい。」
夜は「お帰り。おやすみ。」
ふとした時に聞こえたら「元気?」って言ってくれる。


いつも玄関で私とK王を見守っている。


大切にしていた音が鳴るものは、
故人の天からの声。

そう気づかせてくれた番組だった。
22:56  |  ら。りんの事件  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.09 (Thu)

お弁当バッグと水筒

常磐線一人旅に出た私のお弁当バッグ。
勝田で車掌さんが無事保護!


となるだろう思っていた。

その晩、2回JRに問い合わせたが
結果は非情なものだった。
そして、また何度でも問い合わせてみるよう言われた。


毎回違う係員に当たって、毎回同じこと聞かれ

「黒いトートバッグに、ピンクの水筒、ペットボトル
 その他お弁当箱に、ハンカチに、キャンディーとか
 いろいろ入っています。」

毎回保留になって長いこと待たされるんだよね。


あーもうあのお弁当バッグ一式は捨てられたかな?
そう思いつつ、半分あきらめの境地で3回目の電話をする。

すると、
初めて女性が電話口に出て


「黒いバッグはピンク色も入ってますか?
 トートバッグというより、保冷バッグですかね?
 水筒、お弁当箱、キャンディーは封を開けたもので
 上野に届いていますよ。」


やったぁぁぁぁx~~~~~~~!!!

てっきり勝田あたりをウロウロしてるかと思ったら


折り返して上野に戻ってた。笑


最初の電話で、勝田まで取りに行くか
宅急便で送る方法があるって言われたけど
上野なら仕事の帰りに取りに行ける♪


でなわけで、早速今日お忘れ物取扱所へ行き
電話で伝えられた「車両番号とその他バッグ」
をカウンターのおじさんに言うと、奥からもってきてくれて

「お弁当箱は洗ってありますからね。」


えーーーー。
なんて親切なんだ。

JRさん、ありがとう!!


2016060901.jpg
お母さん、お帰り~


お弁当箱はもちろん、
母が毎日通ってたジムに持ち込んでいた水筒も
きれい洗われて戻ってきた。


もうこれからは、電車の網棚には乗せません。

二度となくさないように、しっかり手にもって
大事にしましょう。
23:38  |  ら。りんの事件  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.07 (Tue)

やっちまったショック

金曜日も月曜日も残業だった。
しかし、私が帰った後もまだみんな残って仕事をしていたから
なんて忙しい会社なんだろう・・・

ちと先が思いやられる。


月曜日は、ついに私も帰りの電車の中で気分が悪くなり
K王には適当に食べてもらって、私はバタンキュー。

今朝は、だましだましチョコラBBを飲んで
会社へ行った。


「今日は絶対定時でかえるぞー!」


念願通り、7時半には家につくバスに乗れ
やれやれと思っていたその時


「あーーーー!!お弁当箱電車に忘れた。。。
 今頃、勝田駅めざして一人旅中か!?」


やっちまったわと思いながら家の前まで来ると

「玄関のカギ開いてる!!!」


不審者が潜んでいるかもと思い
玄関を開けっ放しにして逃げ道を確保しつつ
ひとつひとつ明かりをつけて確認する。

誰もいなかった。


そっか。
朝玄関を出て、庭のお花に気づいて
慌てて水やりしたんだった。


やっちまった。
施錠なしで丸一日。


疲れてるんだな。私。


念のためJR東日本の忘れ物センターに電話してみた。
勝田まで旅して、終点で車掌さんが拾ってくれた
と思っていたが、見つからなかった。

誰か持って行っちゃったのかな。


お母さんが使ってたピンクの水筒と
お母さんが使ってたフォションのトートバッグ。


お金じゃ買えないんだよ。

あーショックでかい。
22:25  |  ら。りんの事件  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'06.04 (Sat)

焼肉デート

毎晩毎晩残業のK王は、

「高校なんて本当にアマチャンだった。
 専門・大学きついっていってるやつ、ざけんなよ。
 は~何のために生きてるのかわからなくなってきた。」

と、心身ともにきちゃってる感じだ。

そこで、急きょ
残業3時間を終えて9時に帰宅したK王を
焼肉屋さんに連れて行った。

高校生の御用達、宝島しか知らないK王に
おいしい焼肉を食べさせて、元気を出させよう!!


「ここ行ったらもう宝島いけなくなるよ。」

2016090401.jpg


「まじ、柔らかくておいしい~。
 宝島なんだったんだ!?」

そして、私が大っ嫌いなホルモンを息子が大好きだと
初めて知った事実!!


おいしく頂いて、さー帰ろうってなった時

「オレが払うよ。
 親孝行できるうちにしておきたいんだ。
 じーちゃんみたいに急に死んじゃうことだってあるし。」


っておい、私をそんなに早死にさせるな・・・笑

そこで、ジャンケン三回勝負をすることにした。


静かな店の中、親子で『最初はグー』・・・


まずは私が1勝。
つづいて、K王が1勝。

一対一からの最後の大一番で
なんか負ける気しかしなかった。
先日K王が2人の同僚に勝って、残業を免れたことを思い出す。

「よし。この勝負もらったわ。」←と、やけに自信満々のK王。
 

結果は・・・


裏の裏をかいて、母親の勝利。
わっはっは。まだまだ息子には負けていられん。


辛い毎日でも、楽しいことやおいしいことを見つけて
人生を生き抜いていってほしい。
10:52  |  反抗期を乗り超え18になったK王  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。