All archives    Admin

04月≪ 2009年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.30 (Sat)

2度目の診察 あり得んの連続です。

本題に入る前に、
紀香ちゃん主演のドラマ「ツレがうつになりまして」
見て、原田泰造にバリバリ感情移入しちゃいました。

ケースはいろいろあるけれど、

「支えてくれるツレがいる泰造はまだマシよ!
 こちとら母子家庭の大黒柱。誰も助けてくれないし~」

なんてことも考えたりして。


まだ見ていない人はクリック。→ツレがうつになりまして第一回





前回からの続き。
2度目の診察で、息子に起きた事件を先生に話した。



ついさっきまで私のすぐ後ろを歩いていたはずの息子が
塾についたら、


消えていた。忽然と・・・! 神隠し?



「そんなわけですので、今回はなかったことに・・・


そう言って、バツが悪い感じで塾を後にしたのだが、
その日は仕事だったので
息子を案じつつも、探し回る時間などなく、 


仕事中も頭の中は

失踪した息子のことばかり




そんな時、


ポケットの携帯がブルった。



(誰かが電話くれている・・・)



店長の目を盗んで、こっそり携帯をみると

そこには、


○○-0077  ←妙にキリのいい番号。



(もしや塾の近くの交番!?)


いろんな妄想が頭をよぎる。




も~どうなっちゃったの~



すると、午後7時10分。

店に入ってきた赤いリュック姿。



K王キターーーーーー!?




「い、いまでどこにいたの!?
 なんで消えたの!? ハァハァ



「ちょっと迷っちゃってさ~


 でも、

 塾行ってきたよ




「行ったんだ!?」




たぶん逃げた後、考え直したのだろう。
いずれにせよ、ようやくホッとした。


仕事終了後、塾に電話をかけてみると

「迷子になって人に聞いたらしく
 そしたら本部の方に案内されてしまったようで
 ちょっと遅れはしましたが、

 最初少しオドオドしたものの、
 
 手をあげて、発表もしました

 


なぬ?やる気満々?



まぁまぁ、こんな具合で結果オーライでしたが、


「理解できない→イライラ→不安で・・・
 参りましたデス。」 



そう先生に説明した。






すると、先生は



「あはっ。 面白い息子さんですね

だって
楽しそうだった




そりゃね、傍から見れば笑える話も、私にとっちゃ


「あり得ん!!!」
の連続なんですが・・・



でも、先生は前より明らかに元気そうな私を見て
喜んでくれた。


そして、翌週やってくる予定だった非日常に備え
ぐっすり寝過ぎないように薬を半分切るなどして
対処をしてくれた。


つづく。
スポンサーサイト
14:29  |  心の病気  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.28 (Thu)

2度目の診察 また事件が起きまして・・・

前回からの続き。
スーパーマンをお供に向かえ、1週間が過ぎた。


その日は、2度目の診察日。



「どうでしたか?」


「それが・・・」

薬を服用後に起きた体への変化を告げると


「そうでしたか。そういう例はありますよ。」


「でも、いい気分になれたし
 睡眠もとれるので、寝る前1錠でやっていました。」



「それでもいいですよ。」



「ただ、あの後も
 また事件が起きまして・・・




私は先生に事件のことを話し始めた。





勉強を教える時、イライラ→呼吸困難→精神不安定になる。

「こうなったら、塾


そう思いつき、12月に始めた進研ゼミは速攻解約し、
塾に体験の予約を入れ、K王に伝えると



「エーーーーーーーーーっ
 絶対やだ!!!
 1時間半も算数勉強するなんて!

 それにどうせ皆がオレのこと見て
 『ガイジン』って言うから!

 オレ絶対に行かないよ!!!




完全否定。


彼の不安材料は先生に言ってあるし

「とりあえず体験だけでも。」

と半ば強引に体験に向かうことにした。



塾までは徒歩6,7分。
K王と二人で歩いてむかう間も


「○○は、塾でイジメにあって辞めた。」

とか、ブツブツ言って重い足取りだったが、
そうこうするうちに事務所につき、先生に挨拶する。


「よろしくお願いします。」


振り返って、息子を見ると



そこには
誰もいなかった





「あれ? 外かしら?」



心配した先生も外に出て一緒にあたりを見渡すが

赤いリュックを背負った息子の姿は
どこにも見当たらない。



息子・・・





失踪!?




まぢ??




つづく。
17:38  |  心の病気  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.26 (Tue)

ありがとうセロクエル

前回からの続き。
抗精神病薬を初めて飲んだ後のこと。


跳び起きて布団の片づけをしたのは、1時半だった。
一度目が覚めると、なかなか寝付けない体質だが
再び横になると、

嘘みたいにすぐ眠りに落ちた。






ピーピーピーピー


「目覚まし!?」

久しぶりに目覚まし時計さんのお世話で目を覚ました。



しかも、

「あ~まだ眠いよ。もう少し寝ていたい。」


こんな気分になったのは、いつ以来?



コレだよ~~~~。
私が求めていた眠りは!!


眠剤&安定剤の時は、早朝覚醒だったから
全然寝た気がしてなかったもんね。



しかも、
リーゼのように朝ドーンとすることもなく
セルシンのように効果不明なわけでもなく、


「やっぱり、コレいいかも~


「だけど・・・ 2錠は怖い




仕事中酔っぱらいのオッサンするわけにはいかないし、
結局、先生の指示は無視して

≪夜セロクエル1錠。日中不安時セルシン1錠≫

このコンビで試してみることにした。



翌晩、
「セロクエル1錠で眠れるかな?実験、開始



すると、期待通りにきちんと作用して眠れたし
翌朝まで、ぐっすりんこ


体のリズムが取れるようになり、
気分的にもかなり楽になったような気がする。




ありがとうセロクエル

あなたは私を救ってくれたスーパーマン


つづく。
21:17  |  心の病気  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.25 (Mon)

なるべくしてなった

心の病に戻り、前回からの続き。
薬の実験のつもりが、酩酊後、布団を汚す結果になった。



その、失禁前に見た悪夢こそが、
私を深く悩ませる妄想。


「自分は誰と何を比べてもサイテー。

 だから周りの人が陰で悪口を言っている。

 どうせ『可哀想な人』と笑っているに違いない。」





こんな惨めな私のようにならない為にも、

K王にはきちんと勉強をして、
立派な社会人になって欲しい。




なのに、担任の先生からはダメ出し電話ばかり・・・

元同級生だった担任に、私が電話連絡を頼んだのだが
知らなくてもいいこともあったのかも知れない。
逐一報告されることで、


重圧と責任ばかりがのしかかったorz




それでも、私には唯一の楽しみがあった。


WBCで日本が優勝し、盛り上がった後だったし
息子の野球のシーズンが開幕する頃だったのだ



BUT!!


そんなとき、事件は起きた。


中一のバッティング練習のために
6年生のMくんが投げていたら

打った球が、Mくんの頭直撃!!
(球は硬式球。しかも硬式は少年軟式より塁間が狭い)



救急車で運ばれ、脳挫傷で入院。
   
監督辞任。



またしても
監督不在の緊急事態となった。




その上、


K王の腰痛再発。
   
練習お休み
   
「野球やめたい




すべてに×がついた気がした。
もう何も残っていなかった。


精神的、肉体的疲労以外は・・・



息子のせい!?
そんな酷いことを考えることもあった。



なるべくしてなった鬱。



そんな私を、
いろんな意味ですんげーアノ薬は
本当に救ってくれるのか!?


つづく。
17:19  |  心の病気  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.23 (Sat)

美しくたくましき小学生

前回からの続き。
K王は3位で第二走者にバトンを渡した。


第二走者くんが走り出し、
第一コーナーを曲がろうとしたとき・・・





ズルっ


「うぎゃぁ~~~~~



滑って体勢を崩した間に、
一人に抜かされ、もう一人に抜かされ



気付けば5位

     

選手の力は肉迫していて、
その後、抜いたり抜かれたりすることもなく、

結局そのまんまゴール orz



今にも泣き出しそうに謝る第二走者クンと
「気にすんな!」と励ますみんな↓

IMG_0140.jpg


なんか、

美しい光景だった。。




結果は少し残念だったけど、
いいことがたくさんあったらしく


IMG_0112.jpg
高跳び優勝者と、同じ左踏切の子と友達になったって。


他校の選手は、
敵じゃなく、記録に臨む同士
なんだね。


IMG_0117.jpg
クリアした選手を、笑顔で迎えるK王。




帰ってきたK王に聞いたところ、


私が知る本校他校の生徒の全員と話し
私が知らないお友達とも話し
初めて会う生徒とお友達にもなっていた。



「子供ってすごいなぁ~」




それと、リレーについてはこんなことを言っていた。

「オレ、じゃんけんで一番ビリだったけど、
 くじで3番引いたんだよ。
 1コースだったら、絶対1位になれた!



だって


井の中の蛙を思い知ったかと思いきや


みなぎる自信!


そ、その自信は一体どこから来るの?
羨ましい位ポジティブだわ。




なんか、

頑張ったし
美しかったし
たくましかった


息子を見た一日でした。


親バカですみません
21:58  |  K王は小学生  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.22 (Fri)

陸上午後のメインイベントで・・・

前回からの続き。
陸上のメインは、各校の精鋭たちが集うリレーだ。


養護の先生にお昼休みのK王の様子を聞くと


「体温を測るか聞いたんですけど、
 『知らない方がいいから測りません』って」
コレ私の助言。

「一応おでこ冷やして、食事もできたみたいなんで」
 


良かった。ホッとした

すると、そこで養護の先生と話していて
判明した事実がある。



コース決め=第一走者のくじ引き



つまり、


K王、インコースを取るも取られるも

THE 自分の責任



さぁ、選手が集まった。見ると・・・

IMG_0133.jpg

他校ながら知ってる子ばっか。


【I保育所の同級生】
Tみ軟式ピッチャー ボールスロー優勝者
Kし軟式サード ハードルファイナリスト
Kき軟式ピッチャー 幅跳び選手


【英語塾のクラスメート】
Aし軟式ピッチャー ハードル優勝者


【元同級生で他校に転校】
Kろう軟式 ハードルファイナリスト



それと、高跳びで優勝したあの子もいた!!



IMG_0138.jpg
強敵揃いぢゃん


これは・・・
厳しい戦いになる予感。



たくさんの応援の中、
IMG_0139.jpg
↑よく見ると、ガラスの中からも見てる。



いよいよスタートラインに立った第一走者たち。


K王は・・・?



良くも悪くもない
第3コース ビミョー。



そして、ピストルは鳴った



6人が入り乱れる中、第一コースに入る頃には
きれいな1列になっていた。

K王第三位
(外の世界には速い子がたくさんいるんだね~)


1位~6位まで僅差のままバトンは第二走者に託され、
第一コーナーに向かって駆け抜けていった。



すると、

「エッ?エーーーっ!?




つづく。
22:42  |  K王は小学生  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.21 (Thu)

フワフワする陸上

近隣6校が集まっての、年に一度の大会。


IMG_0104.jpg
陸上大会。



6年生だけが出られるこの大会を
1年生の頃から楽しみにしていたK王。


なのに、


発熱&下痢&喉の痛みで
前日ダウン!!


当日は・・・



IMG_0106.jpg
「37,3度!でもダイジョーブダイジョーブ



本当か!?
今日暑いし・・・




いよいよK王の出番がきて、
跳ぶ前に体調を聞くと、


「ヤベー 熱上がった気がする
 なんかフワフワグルグルする感じ
 でも頑張る



「いいじゃん! そのまんま
 フワフワ飛んじまえ~~~





高跳び競技が校庭の真ん中で始まると、
一人、一人とバーを落として消えていく中、
生徒たちの声援も次第に熱を帯び、


K王は、その声援に手を上げて応えながら

IMG_0121.jpg

IMG_0122.jpg

一度もバーを落とすことなく記録を伸ばしていく。



そして
隣の小学校の選手と一騎打ち


彼は、バーの前で急停止してみたり、
何度も仕切り直しをする、ちょいと不安定な足取り。


けど、跳ぶ。
高い身長も生かして。




K王、ジャンプ力及ばず・・・

残念。負けました



でも、いちおー準優勝!?


かえって熱があって良かったかも~
フワフワ跳べて^m^



午後の競技につづく。
18:05  |  K王は小学生  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.19 (Tue)

夢の舞台の前夜

今日まで放課後は毎日居残りだった。


それは、K王にとってはうれしい居残り。
6年間待ち続けた、夢の舞台、

陸上会の為の練習だからだ。



K王の記録は


100M=14,56
ボールスロー=55M
幅跳び=3,75M
高跳び=1,20M




1200M以外の全種目で、一応トップだったらしい。
小さい学校なので・・・


そんなとき、ふと気付いた。



「もしかして、これでやってる?」


IMG_0255.jpg
「穴空きシューズ!!」



つーか、早く気付いてやれ。ワタシ!!



「いいの。コレ気に入ってるから~
 軽くて速く走れるし



「んにゃ、よくない。
 せっかくの夢の舞台なのに・・・」




その場で、即靴屋さん行きへ。(靴屋はお隣徒歩20秒)

K王と二人で吟味するが、


「これかっこいい」 →サイズがない
「これジャストサイズじゃない?」 →かっこよくない


結局買ってきたのはコチラ↓


IMG_0257.jpg
ゴールドライン入り


しかも、ついに息子に抜かれました!!
小6としては小さい方で、ようやく24cm。


そして昨日になって正式に選手が決まったそうだ。

IMG_0254.jpg
K王は高跳び&リレー
(1人1種目と決まっていて、選手以外は80m走)



何よりもリレーに命を賭けているK王である。



さぁ明日は、会社は有給とったし、ビデオのセットもOK。
母としては
「精一杯頑張っればいいよ


なんて考えていた矢先、電話が鳴った。




英語の先生からだった。


「K王くん、具合が悪いらしく
 早退させましたので・・・」




えっ?
今日は4時半に帰ってきて、さっきまで友達と遊び
元気に英語に行ったんだけど!?



帰ってきたK王に聞くと

「下痢ピーで喉も痛い。」



「つ、ついに出たか?
 関東初の

 新型インフル感染者!?」




「エーーーーっ
 オレ、死ぬの!?」




IMG_0258.jpg
熱、37.5度


なんで今日に限って??


明日にはよくなりますように・・・
神様お願いします。


21:20  |  K王は小学生  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.18 (Mon)

薬ショーーーーック

前回からの続き。
抗精神病薬を初服用したら、
酔っぱらいのオッサンになってダウンした私。


夕方5時半から床につき、10時半になっていた。


意識朦朧とする中、


「ここはK王のベッドだし、
 そうだ!お風呂にも入らないと・・・



眠気まなこでフラフラと起き上がり
何とかお風呂には入ることができた。

上がってきたら、ふと思い出したことがあった。



「そうだった。
 夜は2錠飲むよう言われたんだ!



5時過ぎに飲んでから、もう5時間以上が経ったし
先生の指示通り、セロクエルをもう1錠服用して、
布団に入った。


精神安定剤では絶対に眠れなかった私が

こんなに眠くなるなんて・・・
それだけでも幸せ



しかも、またすぐに眠れそうだわ。



あ~眠い。



ZZZZZzzzz・・・・




すると、

親戚のおばちゃんが家系図を見ながら
私とK王のところを指していた。


また私たちのこと言ってるんだ。



どうせ悪口だよ!




「この二人がね・・・
 出戻り女と半分外人の出来の悪い息子でさぁ。」


そんな風に言っているように聞こえた。






次の瞬間、


下半身が・・・





熱くなった!?





「いやーーーーーっ
叫びながら飛び起きた私。




失禁していた。

ショックだった。



「なんで~~~~!?
 どうなっちゃったの?ワタシ・・・」


つづく。

18:16  |  心の病気  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.16 (Sat)

たまには、ぷちはぴ♪

そんな心身状況の中、

たまにゃ~いいことだってあるってもんさ。




ある日突然届いたコチラ↓



IMG_0252.jpg
アサヒビール当たったどぉ~~~


ネットでキャンペーンに応募したら、
6缶パックが送られてきたの


数年前のキャンペーンでもアサヒさんからは、
1ケース頂きました



でもワタシ・・・
アルコール飲めん



ばーちゃんが喜んでお飲みになりましたわさ。



だけど、 

「当たった!」

ってことが、嬉しいもんだね。
13:34  |  ら。りんの事件  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.15 (Fri)

アップ&ダウン

前回からの続き。
心の病院で処方された薬、一体どんなのかしら?



[ セロクエル ]  クリック!




心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。心の病気の治療に用います。


作用

【働き-1】

気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用があります。そのような作用から、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ状態などいろいろな精神症状に用いることがあります。


【働き-2】

心の病気の一つ「統合失調症」は、脳の情報伝達系に不調を生じる病気です。現実を正しく認識できなくなったり、思考や感情のコントロールが上手にできなくなります。幻聴など幻覚、妄想を生じることも多いです。

このお薬は、そのような脳内の情報伝達系の混乱を改善します。おもな作用は、ドーパミンとセロトニンという2つの神経伝達物質をおさえることです。2つをおさえることで、統合失調症の陽性症状(幻覚、妄想、興奮)と陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)の両方によい効果を発揮します。







なるほど。
セロクエルは、抗精神病薬。

IMG_0253.jpg

今まで飲んでいたリーゼセルシン
緩和な精神安定剤(マイナートランキライザー) だから

セロクエルって、ちょっと強いのか!?




また、
鬱病と何が違うんだろうという素朴な疑問も
病院でつい聞き忘れたので、調べてみた。

[ 抑うつ ]  クリック!




病的なうつ状態で、うつ病まではひどくない、でも治療を受けた方がいい、というときによく使われる診断名が「抑うつ」です。「抑うつ神経症」や「神経性抑うつ」などと、もう少し病名らしい呼び方の場合もあります。





な~んてパソコンいじって遊んでいたら、




いきなりキターーーー


「なんか、キモチえ~~

ハイな気分キターーーー




「この薬、いいかも

こんなに安らいだ気分になれたのは
どれくらいぶりだろう。
K王にもやわらかく接してあげられる。


すると、程なくして




「あれ。なんか

 眠くなってきた・・・」



あんなに、昼も夜も眠ることができなかったのに
アレ1錠で、もう瞼が重くなってきて、
終いには




ロ レ ツ ガ ・・・!?

レロレロ ・・・!?






ワタシ、
酔っぱらいのオッサンしてる!
↑下戸な私が経験したはじめての酩酊状態。



息子に色々話しかけられるが、うまく話せなくて
「エッ? なに?」
「今なんて言ったの?」
を連呼され、



薬服用後20分でノックダウン
K王を置いて、夕方6時前からベッドに崩れ落ちたのだった。



だけど、

これだけでは終わらなかった。


更なるすんげー事態に!?


つづく。
22:43  |  心の病気  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.14 (Thu)

診断結果と実験

前回からの続き。
精神科医の先生にぶちまけた私。



すると先生からは、これまでの生い立ちについて
かなりプライベート奥底まで突っ込んだ質問をされた。


「どんなお子さんでしたか?」
「高校、大学、就職先はどこですか?」
「成績はどうでしたか?」
「どんなことを今までしてきましたか?」
「結婚は?出産は?」
「出産後はどう過ごしてきましたか?」
「別れたのはいつどんなことで?」
「いつも誰かを頼って生きてきましたか?」
「自分の性格はどんな風に思いますか?」

などなど、その他にもいーっぱい。


正直に答えていくと、全てカルテに記録されていく。



そして出された診断結果は


「抑うつですね。」



「どうですか?
 診断書を書きますので、

 2週間程お休みしてみたら?




ゲゲッ



「無理ですーーーーー


「お休みなんてして、職がなくなったりしたら・・・
 余計に不安になります。

 薬を飲んで仕事を続けられるように何とか・・・」



すると先生も納得し、
とりあえず薬で様子を見ることになった。



今飲んでる薬は全部やめて
 今日から夜2錠、不安な時に1錠服用してください。」



「あのぅ。 睡眠剤は?


これ2錠で確実に眠れると思います。
 1錠でも眠くなる場合がありますから、
 試しに今日帰ったらすぐ1錠飲んでみて下さい。」




精神安定剤は眠気を誘うって言うけど
リーゼもセルシンも私は全然眠れなかったのだ。

「これも、同じでしょ。」


そう思いつつも、帰宅後すぐ実験開始
その間、薬名で検索をかけ、どんな薬なのか調べてみた。

するとコレが・・・





いろんな意味で
すんげー薬だった!


つづく。


<おまけ>
昨日診察日だったので、写真を撮ってみた。
こちらが最初に目にした廃屋↓


090512_154827.jpg
入口が段ボールでグルグル巻・・・
この裏に新ピカな病院があるのだ^^
20:09  |  心の病気  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.12 (Tue)

ありのままを白状します。

最近、ちとディープなブログになってますが・・・


生涯自分には関係ないと思っていた病気。
正直、弱い人だけがなると思っていた病気。
それが、 「こんな私もなるんだ!?」

この事実を克明に伝えたいから、

敢えてありのままを白状します。
(今日も結構ディープです^^)


もしかしたら、普通に見えるあの人も
実は私と同じ病気を抱えているかもしれません。


だけど決して特別とか、異常とかではなく
ストレスで胃に穴が開く人がいれば、
帯状疱疹や円形脱毛症になる人もいる。
そして、脳の回線に不具合が出る人もいるっていうこと。


心療内科や精神科への差別は
時代と共に少なくなってきているとは思うけど
まだ、偏見を持ち理解できないと思う人に
少しでも理解されることを願って書き綴ります。


経験浅いヒヨッコが偉そうなことを言うかも知れませんが
私なりの実体験として受け止めてもらえばと思います。





前回からの続き。
さびしい病院にて、いよいよ診察に入る。



受付で渡された、冊子状のかなり長い質問に
「はい」「いいえ」で答え、
B4一枚分の問診票も一緒に提出した。


少しして名前を呼ばれて個室に入ると
そこにいたのは、


若ーーーっ!30歳くらい?
 
の女医さんだった。


う~~~~~ん。
人生経験は私の方がはるかにあるな・・・

でも精神科の専門だもんね。まじめそうだし





すると、若いお姉さんは聞いてきた。

「どうされましたか?」


私はこれまでのことを順を追って話していった。



頭痛は総合病院で検査し、脳に異常はなかったこと。
不眠と早朝覚醒のため、睡眠剤&安定剤を服用したが
心療内科を勧められたこと。


そして、精神状況を事細かく話した。




「母子家庭なので、昼夜働いています。
 年度の変わり目で仕事のプレッシャーもあると思います。

 そんな中、少ない空き時間に息子の世話や勉強を見てますが
 理解できないってことが理解できなくてイライラし、
 怒鳴りまくったり、殴ったりして、そのうち息が荒くなって、
 呼吸困難?過呼吸?になってしまいます。

 私と正反対な性格で、宿題や勉強はやらなくても平気
 仕事から帰っても、ゲームかカードして何もできてない。
 そういうことがいちいち気になって、許せないし 
 予測不可能や理解不可能な彼の行動に苦しみます。

 彼の父親の嫌な所がそっくりに思え、嫌な気分になるし
 自分の時間もゆとりもない所に、限界を超えて、つい

 「死んで」

 なんて言っちゃったんです
 

 翌日
 「首つりってどうすればいいの? 
 ママ、オレに死んでって言ったよね?」


 そう言われて ハッ!!として、


 「病気だからそんなこと言っちゃったの。
 そんなの本気じゃないに決まってるよ!許して。」


 って必死に謝りました



 自分が最低レベルの人間にしか思えないのです。
 楽しいことなんて何ひとつもないし、
 私、何のために生きてるの?って勝手に頭をよぎります。

 人々の声が騒音のように聞こえて、耳をふさぎたくなったり
 話しかけてくる息子に「黙ってて」とか言ってしまったり。
 精神安定剤を飲んでも、気分は優れず倦怠感ばかりです。」





うわ~~~~ドロドロ
ヤバイぢゃん。ワタシ


安定した今だからこと、そう思えるけど、
その時は本当に、ここには書けないような事も含め
先生に白状した。



すると先生は・・・


つづく。
20:54  |  心の病気  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.11 (Mon)

【ボロボロ期】さびしい病院

前回からの続き。
彷徨った末に行きついた廃屋病院にて。


「どうしよう



ふと見ると

「ん? この道は・・・?」


廃屋の脇に、じゃりの車道らしきもの発見。
ためしに行ってみると、



ジャーーーーーーン


裏に、きれいな病院がそびえ建っていた!
しかも、新しい! きれい!

「なんだ~。早く言ってよ
 ここなら、

 なんだか行けそうな気がする~♪」




しかし、車を停めて近寄ってみると、
どこか違う雰囲気を醸し出している!?

意を決した私は




精神病院の入口をくぐった。



入った瞬間、
薬局窓口と、管理人らしき人がチラっとこっちを見て

「また来たわ。精神病患者が・・・

みたいな一瞥をくれたのは、気のせいだろうか。



受付に保険証を出して問診表をもらった後、
何かが違う!そう直感させた訳が
次第に分かってきた。




広い待合室に、いるのは私だけ。ポツン・・・




シーーーーーーーン


風邪を引いた子供を抱くお母さんもいなければ、
体調不良のおじいさんがいるわけでもない。



こんな殺風景な待合室は初めて


後で聞いた話だが、

「あそこは、精神病患者が入院してて、
 夜は叫び声が聞こえてくるらしいよ。」



って、確かに奥に入院病棟らしき
たくさんの窓が見えていたっけ。



なんだか、凄いことになってきちゃった私。 
この先、一体何が起こるのか?




つづく。


17:48  |  心の病気  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.09 (Sat)

今年初のサイコー

「そうだ!これだったんだ。
 私のストレス発散は・・・」



てなわけで昨日、思い出したかのように
行って参りました。


そして、よみがえりました。




あの興奮 ファイア~~






IMG_0235.jpg
GIANTS応援にキターーーー



始球式は、映画の宣伝で来日中のハリウッド俳優

トム 


ハンクス
さん。 (クルーズじゃなかった・・・惜しい^m^)

式の後も息子と観戦している姿がスクリーンに映ってた。




そんなことより、肝心のわがジャイアンツは!?


IMG_0240.jpg

1回の裏にいきなり小笠原が
我らのライトスタンドに3ランを叩き込み


打つは打つはの10-4 ニャハハハハ




↑10点分も弾けたぞ



逆に余裕かましちゃって、緊張感ナッシング。
試合そっちのけで↓

IMG_0245.jpg
ソフトクリーム&ジャイアンツガチャガチャで遊ぶK王。



そして、最後に

IMG_0251.jpg
小笠原&イスンヨプのヒーローインタビュー見て
帰ってきたとさ。


やっぱドームのライトスタンド、
サイコーーーーー
13:54  |  『巨人の星』への道  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.08 (Fri)

【ボロボロ期】心の病院へ

前回からの続き。
野球ママ友の紹介の病院に行ってみることにした。



どんよりとした空からは雨がぽつぽつと落ちていた。
そこは通ったことはあるが、土地勘のない場所。


心細さと胸に、病院を探して走っていると

「あれ!?元の道に出ちゃった・・・」

ママ友に電話して現在地を告げると

「じゃ、そこからこっちへ行ってみて。
 奥まった所にあって、沿道に看板ないのよね。」


今度は細い路地の住宅街を彷徨い

「変なとこ入って出て、今○○小学校前だよ

すると、友達は

「隣の○○医院の脇を入って行って。」



電話を切って言われた通り、○○医院の脇を覗くと
両脇に植木が生い茂る、恐ろしく細い道を発見!



「エーっ?コレ行けってか!?

 シャーーーーーって言ったよ。

 木が車の両脇を完璧こすってるし!!
 しかも前から来たらアウトじゃん!!」


約50m、早く通り抜けたい一心でいっぱいだった。




すると、広い場所に出て、右を見るとさっきいた小学校
左を見ると、保育園があった。



が・・・



その先は森!?

どう見ても病院があるとは思えない。



ちょうど、保育園から出てきた先生と思われる人が
車に乗り込むところだったので
思い切って声をかけてみることに・・・



「あのぅ。すいません。
 この近くに○○病院ってありませんか?」




「はっ



 あ、ありますけど・・・」





ん?なんか表情が変わった?

そして、明らかに声のトーンを落として彼女は言った。





精神病院  ですけど・・・




(えっ?そ、そうなの?)
↑総合病院の心療内科だと思い込んでいた私。
予想外の展開に自分でもびっくり!



ええい!
ここまで来たらあとには引けぬ
行ったろうじゃないの精神病院!




教わった通り、森の脇の細い道をさらに進んでみると

≪○○病院≫



やった~
とりあえずたどり着いた。




喜んだのも束の間、
看板の先に見えたのは・・・



土の駐車場の周りには、うっそうとした草木。
手入れを忘れられ恨めしそうにこっちを見ていた。

そしてその奥には



薄暗~~~~い建物の入り口。
よく見ると、



玄関に段ボールが巻きつけてある!?

廃屋??



無理~~~
ここは無理だって



保育園の先生のリアクションの意味が
ようやくわかった瞬間だった。

つづく。
23:33  |  心の病気  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.07 (Thu)

今度は息子が・・・

母(私)がスッタモンダしていた頃
今度は息子にも緊急事態が襲いかかった!




「ココ痛いよ~~





そこ?

右わき腹!?




かつて、K王は小学2年生の時
盲腸で入院し、抗生剤で散らした経験があるのだ。


ついに
爆発の時が来たか!?



土曜日だったので、監督には
「右腹が痛いと言っていて盲腸の疑いがあるので
 病院で検査してきます。」


と伝え、以前に入院でお世話になった病院へ急いだ。



そして、即検査。



DVC00010.jpg
採血


他にもこんなに↓
DVC00011.jpg

レントゲン、CT、その他全部で5種類の検査。



朝一で行って昼はとっくに過ぎ・・・
先生に呼ばれました。



レントゲン写真を指さしながら



「便秘ですね。」



はい?
今なんて?



もしかしてただの



フンづまり?



このあと、かわいらしい看護師さんに
カンチョーしてもらいますた。


便秘ごときで、こんな大がかりな検査
スンマヘンでした
22:03  |  アイタタタタ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.05 (Tue)

ドロンドロン パート3

前回からの続き。
心療内科受診をすすめられた、私。


先生に頂いた女医さんの紹介状をもとに、
(できれば男性より女性の先生の方が良いと言われた。)
電話をしてみると


「3週間後のご予約です。」



さんしゅうかんだとぉ~~!?


絶対待てないし!
紹介状却下!!




ならばと、ナースや会社の同僚(夫婦でうつ病)
野球のママ(旦那がうつ病)等など、可能性のある人に
「すぐ診てもらえる近くていい医者知らない?」とメールで聞く。


帰ってきた返事は
「どこもすぐには無理かも」
だって。



みんな行ってるんだ?心療内科って・・・



とりあえず、2度目の来院でもらった薬でつなぐくことに。


今回もらったのはセルシンという安定剤で、
飲んでみたら、めまいやふらつき感がなく

リーゼよりはいい感じ


ただ、相変わらず安定剤だけでは眠れないので
睡眠薬も一緒に服用しなければならないし、
それに、なんだか


効いてる気がしないのは気のせい?



その間にも、仕事先では普通の人を演じていたが
家に帰ると・・・


野獣になっていた




すると、野球のママからのメールで


「今日うちのが通院日だったから聞いたら、
 火曜日の午後に女医さんがいるって
 ちょっと行ってみたらどう?」




場所は会社からの帰り道。
ちょうど明日は火曜日で時間はあいている。

まずはお試しのつもりで
とはいえ、



藁にもすがりたい思いで
行ってみることにした。



それが・・・


こりゃまた



生まれて初めての




貴重な体験をすることに・・・



【ボロボロ期】につづく。
10:27  |  心の病気  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.02 (Sat)

6は赤?黒?

なんか、くら~い感じのブログになっちゃったので
今日は息抜きに、くだらん話題などを・・・


もう早い人では黄金週間が始まっていた
昨日の朝のこと。


えっと
私のゴールデンはいつまでだったっけ!?



2、3日は土日でお休みで
確か4日は知らないけどお休みだったよね?
5日はもちろん子供の日でしょ~


で、6日って・・・?


確かお休みだったような・・・
何の日かは知らんけどね。


一応カレンダーで確認しとくか。


携帯電話を取り出して
待ち受け画面のカレンダーを見てみた。





「マ、マジ!?



小さいカレンダーの文字を
何度も目を凝らしてみてみるが
やっぱり・・・


IMG_0232.jpg
         6日は、赤くない 


ってことは、アタシ
6日から出勤!?


どんよりしながら会社について、同僚に聞くと

「私の携帯は6日は赤いよ
と、auの人は言う。
「私のも赤いわ
と、ソフトバンクの人も言う。


「じゃ、ら。りんちゃんだけ
 6日出勤ってことで頑張って


「いやん

などと話していたら



「あ~私のも出勤になってるぅ
↑同じドコモ使用者だった。


よかったぁ。
私の携帯だけじゃなくって・・・
しかし、


ドコモ大丈夫か?


ドコモの皆さんは間違えて6日出勤しないようにね
18:17  |  ら。りんの事件  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.01 (Fri)

ドロンドロン パート2

おもろーブログを目指している当ブログですが、
少々重い内容が続きます。
でも、「オモロー」も書きますので今少しご勘弁を・・・




不眠症になり、処方された薬を飲んでも
調子が戻らなかった私。
再び前回の医者に行き、相談する。


「先生。頂いた薬飲んでみたら
 めまいがするっていうか・・・朝頭がすっきりしなくて
 ちょっと辛いんですけど。」



「睡眠薬が朝まで残ってるからじゃない?」



「睡眠薬は寝られるけど、早朝目覚め、グッスリ感ゼロ
 精神安定剤は飲んだ後に、ふらつく感じです。
 リーゼは合わないのかと思って・・・」



ここから核心へ移る。




「先生、私ってもしかして




 うつ病なんですかね!?




「う~ん・・・



 自律神経失調症 だと思うけど・・・」






「子供に対してものすごくイライラして
 怒鳴りちらしたり、叩きまくったり
 息が苦しくなって呼吸困難になったりするんです。
  
 私、何のために生きてるんだろう?
 って思い浮かぶこともよくあって」



「おいおいおい。
 変なことやらかすなよ~!

 そしたら、デパスの方がいいかな・・・
 
 まぁ。とりあえず違う薬出すけど、



 心療内科に行って。紹介状書くから」




えっ? 心療って・・・
ワタシ
心の病気あるか?? 



私が相談すべき場所は、内科ではなかったのだった。

つづく。
22:24  |  心の病気  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。