All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.28 (Mon)

2016親子イタリア旅行⑯

イタリア最後の観光地はこれ!
サンピエトロ寺院内へいざ突入


2016032801.jpg
昨日は外からの景色のみだった。

2016032802.jpg
セキュリティーの手荷物ゲートが4,5個もあり
並んでチェックを受ける。

2016032804.jpg
この柱とその上にそびえたつ聖人の像。

2016032805.jpg
いよいよ中へ入る前に、門から振り返ってみるとこの景色

2016032803.jpg

2016032806.jpg

つつましく且つ荘厳でひとつとして手を抜かない
圧倒的な存在感を見せつけるサンピエトロ。

写真では決して伝わらないのが本当にもどかしい。
ってか、私の写真の腕が問題!?

ミケランジェロのピエタ像(キリストが十字架から降ろされたシーン)
も見たけど、写真撮るの忘れた・・・


この偉大なる建築物を見た後は俗世間に戻り
K王へのお土産兼就職祝いに長財布の買い物をしに
この辺りをショッピング。

ふらっと立ち寄ったアルマーニジーンズのお店で
二階が男性用だったので上がっていくと
店員さんがついてきた。

「男性用財布ありますか?」

出してきたのは二つ折り財布数点。

「折りタイプじゃなくて長いのあります?」


「え??? ダメダメ!!!!

 あのタイプは女性のよ。
 男性はこの二つ折り。」←しかも、小銭入れがないタイプ。

言われてみたら、西欧人が長財布のジッパー開けて
小銭さぐってたりするシーン、見たことないな。


「あ、でも日本では男性も長いの使うんで・・・」

「そ、そうなの?
 そういうなら、下の女性用を見てみる?」


店員はあんまり乗り気じゃない感じで
下の階のショーウィンドーから2つ出してきた。

「これとか、これあたり?」


「ま、もしあれだったら、お母さんが使うからいいよ^^」

ってことで、K王、イタリアで女性物財布をお買い上げ~~~ 笑


イタリアに行って、
ドルチェ&ガッバーナのグラサンと
アルマーニジーンズの財布を買ってもらうなんて
あー私が18歳の時には想像もつかない経験。

お土産は置いておいたにしても
彼は、この旅をどう感じただろう。

「10年度に今度は俺が連れてってやるよ。」

って言葉、信じて待ってていいかな。
スポンサーサイト
22:30  |  人生とは旅である  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.24 (Thu)

2016親子イタリア旅行⑮

最終日のローマ自由行動は、ゆっくり朝ご飯を食べて
ホテルを出た。

本当はカプリの青の洞窟を見たかったのだが
冬は見れる確率が低く、現地についてから
「今日は船が出ません。」じゃ悲しいのでやーめた。

まずは、

2016032402.jpg
地下鉄B線に乗って1本の、コロッセオに向かう

2016032405.jpg
コロッセオ駅出たらこの景色。
コロッセオの好きな顔はこっち側だけど、
足場が・・・じゃま!!


2016032406.jpg
コロッセオを背に歩くと、フォロロマーノ
紀元前の柱がゴロゴロしてる。

2016032408.jpg
ビットリオエマヌエレ2世像。
ここで座って写真撮ってたら、係員に立て!と怒られた。

2016032206.jpg
下水道のマンホールだったのが
今や真実の口として有名観光スポットに。
しかもいつの間にか、一組一枚という撮影制限が!!

まっ確かに、小さな教会の入り口の細い通路にあって
長蛇の列が入りきれずに外まで並ぶから、仕方ない。
一人のグラサンしたイケメン係員が
「もっとつめろ」とか「撮影終わり、ハイどいて」とかやってる。

ここから歩いてスペイン広場へ行き
そこからまた地下鉄に乗って、バチカンへ向かう。

2016032404.jpg
バチカン博物館からサンピエトロのクーポラが見える。
ここはタバコOKなので、一服タイム。

2016032209.jpg
エジプトから運ばれた古物品がたくさんある。
この隣にはミイラさんもいらっしゃった。

2016032207.jpg

2016032403.jpg
どうしても天井ばかり気になる私。笑

これ以外にも素晴らしい彫刻とかいろいろあったのに・・・


そして最後にたどり着くのは、メインイベントの
システィーナ礼拝堂にある、ミケランジェロが描いた
「最後の審判」

添乗員時代は、黒くくすんでいたのが
修復が行われて、見違えるほどきれいになっていた。

「お久しぶり。最後の審判」
と思った瞬間

「ノーフォト!!!!」

当たりに響く大きな声。
そして冷たい目線が一斉にこっちへ向けられる。

怒られた~~~~~~


K王がスマホを天井に向けていたからだ。


よく見りゃ誰も写真なんて撮ってないし
端っこにカメラばってんマークの看板があった。

確かに昔から撮影禁止だったっけ。

ここに来るまで何を撮影しても大丈夫だったから
K王も悪気もなくカメラを向けていたのだ。

そしてその時写したのがコレ。

2016032208.jpg
本当は撮影禁止。よい子のみんなは
絶対にマネしないでください。


つづく。
22:20  |  人生とは旅である  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.22 (Tue)

2016親子イタリア旅行⑭

イタリア旅行最後の目的地ローマ。
さー『ローマの休日ごっこ』やるぞー。

2016032202.jpg
コロッセオ内部

2016032210.jpg
コロッセオでツアーのみんなの団体写真撮影。
みーーーんな学生さん。

平均年齢めっちゃ上げてる私。


2016032203.jpg
トレビの泉でコイン投げ。「また来れますように。」

2016032211.jpg
定番のジェラートをほおばる。

同じ店でツアーの女子がみんなアイスを買ってたけど
さすが女好きのイタリア人店員が盛ると
K王の倍くらいの大きさだった。笑

2016032204.jpg
スペイン広場の階段下

2016032205.jpg
スペイン広場の階段。
改修中でこんな端っこしか登れないっていうね・・・


2016032212.jpg
さてと、コンドッティ通りでブランド買いあさりますか。

買わないよ・・・
見るだけ。


あーそれにしてもローマ。
なんてステキな街なんだ。
観光でくるイタリアって最高だよ!!!!


この後、ツアー恒例のショッピングタイムで
ローマ三越に連れていかれたけど、
何にも買わずに地下のWi-Fiエリアで時間潰してた。

フィレンツェで買った革のキーホルダーが
倍以上の値段で売られてたっけ。

いよいよ明日は、ローマの自由行動で
この日回れなかった場所へ行きまっせ。

つづく。
22:07  |  人生とは旅である  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.21 (Mon)

2016親子イタリア旅行⑬

イタリアでの食事は、もちろんおいしかった。

2016032103.jpg
ブルスケッタに赤ワイン。
住んでた頃はよく頂いたコンビネーション。

生ハム&メロンがあったら、飛び上がって喜んだだろう。


でも、おいしいものばかりではなかったこともある。

例えば、
後で食べようと思って、高速のサービスエリアで買った
ピザが冷めてカッチカチだったり。

安いツアーの朝食は
盛りだくさんのアメリカンブレックファストではなく
こんなメニューだったり。

2016032102.jpg
パンとコーヒー

チーズ、ハム、卵があるホテルもあったが
ローマは本当にパンにバターとジャムを挟んで
コーヒーで流し込むタイプのものだった。

そして初めて知った息子の事実。

コーヒー飲むんだ?
しかも、ブラックなんだ??

お母さんはおこちゃまなので、ミルクも砂糖もたっぷり。


そして、おいしい国とはいえ、毎食イタリアンが続くと

「回転寿司ないんかーい!」
「麺は麺でも、うどんやラーメンくれー。」
「いや、コンビニおにぎりでも泣いて喜ぶ。」

ってなるのも事実。

そんなわけで、ローマの最後の晩餐は・・・






2016032101.jpg
じゃ~~ん。マック。爆笑


ほっとするわ~~~

でも、ビッグマックが単品約800円と、とても割高。
日本の100円マックは1ユーロマック。

なんとその中にサラダがあったので頼んでみると
ドレッシングの代わりに、小瓶に入ったオリーブと塩。
それにグリッシーニというスティックパンがついてきた。

さすがイタリア!

マックシェークだって、K王も言ってたけど
日本のよりも牛乳が多くてさらっとしてて
おいしかった。

イタリア来てまでマック?と思うなかれ
外国のマックにだって新しい発見があり、これも経験。


追記

ちなみに、私が学生時代のフィレンツェには
スローフードと真逆のマックは受け入れられず
高速で車1時間走らせてボローニャに行って
マックを食べていた。
K王が生まれた頃には駅にマックもあったけど
町の景観を損ねないように白い看板がつけられた。
今回行ってみたら、その隣にマックカフェまでできていて
そこでエスプレッソとストロベリーケーキをいただいてきた。
時代は変わるものだ。

つづく。
20:30  |  人生とは旅である  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.20 (Sun)

2016親子イタリア旅行 番外編Ⅱ

イタリア旅行は、まだローマ編が残ってるが
ローマは見どころがありすぎて、書くのが面倒

・・・いえ、大変。笑

写真が多すぎてどこからどう書けばいいのやら。

その代わりと言ったらなんだが、
撮った写真を絵に描いてみることにした。

(そっちの方がもっと面倒だったりするが)

2016032002.jpg
K王が使ってた鉛筆と消しゴムで下書き


鉛筆だけじゃ物足りなくなったので、
100均で買ったおこちゃま用水彩絵の具と
筆で色を塗ってみた。

2016032001.jpg
アルノ川にかかる橋、ベッキオ橋

私が住んでいたフィレンツェの風景。


本当にお子様が描く絵みたいになっちゃったけど
ン十年ぶりに描いた風景画は、
下書き約1時間、色塗り約1時間で、案外楽しかった。

だけど、やっぱり100均は100均。

絵の具はチューブにちょっとしか入ってなかったし
筆は毛が抜けまくって、紙にひっつくし。

おこちゃまの落書き帳に水たっぷり使って塗ったら
紙がヘロヘロ。うねりまくってるんだけど 笑


やっぱり道具って大事。
100均セットじゃうまく描けないよ。

って道具のせいにしてみる。

アハハ。
17:44  |  人生とは旅である  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。